スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯島愛さん 死後約1週間経過

『薬』というのは、体の弱った部分や悪いとされている所に効くというと、何か良いイメージがあるかもしれない。


がしかし、かぜ薬や頭痛薬などを大量にとると体が危険な状態になるのを知らない人の方が少ないだろう。


『薬』とは、誤解を恐れずに言うと、『毒物』である。

決して健康食品ではないのです。


『飯島愛さん死亡』の報道番組を見ていると、どうやら『抗うつ剤』を飲んでいたらしい。


『抗うつ剤』というのは、うつなどで萎縮して小さくなってしまった脳を元に戻すための薬だったような記憶がある。


『抗うつ剤』自体の効果は悪いものではないと思うが、解決・回復の糸口をそれに集約してしまうと危険である。


いわゆる『依存症』のような状態である。

依存症というものは、なにも肉体的な依存が深刻なわけではなく、むしろ精神的な依存の方が深刻で、しかもそのケースのほうが多いのではと思う。


薬に頼ると、それがないと不安になるので手放せなくなる。

その内、薬の効果に対して体の方が慣れてしまい、薬が効きにくくなってくる。


すると、不安になるので薬が増える。一時的にな安心感は得られるが、その内体が慣れてくるので効き目が薄くなる。


また薬が増える。本来は徐々に薬を減らしていくべきものなのに、その気持ちとは裏腹に、薬が増えていくことに愕然とする。

別のネガティブや不安、自信喪失と言ったものも出てくるのかもしれない。


そうやってエスカレートすると、一つでも薬がそろわなければパニックにも似たような
精神の不安定な状態に陥りやすくなり、他のことをやれるような状態ではなくなるだろう。


当然、人には知られたくないと思うので、表向きはそれを見せないようにする。
がまん強い方ならなおさらその傾向が強いだろう。



『抗うつ剤』を飲み続けること自体、体の別の部分に悪い影響があるように思えるが、飯島愛さんの場合は、『腎盂炎』という持病があったという。


たぶん、薬で体がボロボロになり、それが精神的な面にも食い込んでしまったのではないだろうか?


(これはあくまで想像であり、過去に見て来た情報番組などを私なりに解釈・編纂したものなので、事実とは全く関係ありません。)




 東京都渋谷区の自宅マンションで24日死亡しているのが発見された元タレントの飯島愛(本名・大久保松恵)さん(36)の遺体について、警視庁渋谷署が25日、行政解剖を行ったところ、死後約1週間が経過していたことがわかった。

 ただ、死因については特定できなかったため、同署は、病理検査して詳しく調べる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000036-yom-soci

中山秀征 番組で飯島さん語る

「えっ、・・・」

今朝、新聞の番組欄を見た時、一瞬目を疑った。

『飯島愛さんの急死』が書かれていたからです。

テレビを見てみると、死後1週間はたっているという。

『腎盂炎』という持病を持っていて、しかも最近は精神的にも
病んでいたそうですが、身近にいる周りの方は気付かなかったという。

飯島愛さんとは長い付き合いで、公私ともに仲のいい中山秀征さんや、
家族ぐるみで付き合いのあった高橋ジョージ&三船美佳夫妻、
うつみ宮土理さんやデーブ・スペクターさんなど、
親交の深かった方達はそれこそやりきれない思いで一杯でしょう。

「どうして、一言でも相談してくれなかったのだろう」
という悔しい思いはもちろんだが、

「なぜ、気付いてやれなかったんだろう」
と思うと自分自身の不甲斐なさに腹を立ててしまうのは仕方のないことです。


芸能界を引退する少し前の姿を見たときに、
ちょっとしんどそうな感じに見えたことがあった。

なんていうか、覇気が無いような、息が浅い感じというか、
腰の辺りが疲れているような感じ。

赤井英和さんと何人か(出川哲郎?)でどこかの島でなんかやっている・・・
(笑・・・すみません、あいまいで)

その番組を見たときそう思ったんですが、
やっぱり、外でのロケなので疲れてるのかな、と思ったり、
それとも芸能界に疲れてるのかなとか、思ってました。

そのあと芸能界を引退したので、
いろいろ思うとこがあったんだなあ、と。

でもそのとき感じたことは、当たらずとも遠からず、
と言った所だったのかもしれないですね。

それを考えると、

もし身近にいるような間柄だったら、
ちょっとした異変に気付いてあげることが出来ただろうし、
何か力になってあげれることがあったかもしれないと思うと、

ファンをはじめ、やりきれない思いになっている方も少なくないだろうと思います。

ご冥福をお祈りいたします。





 タレント、飯島愛さんが自宅で急死したことについて公私ともに親しかったタレント、中山秀征さんが25日、、司会を務める「ラジかるッ」(日本テレビ)で、最後に電話したときに逆に体調を気遣われたことなどを明かし、「ほんとバカヤローですよ。一番大事なときに何で電話ができなかったのか。それがでも……飯島愛だったと思います」と沈痛な表情で語った。

 中山さんは黒いジャケットに黒いネクタイ姿。番組の冒頭、「どうしてこうなったのかはっきりしない。15年以上のつきあいになりますが、自分から死を選ぶような人ではない。体調不良を彼女は常に背負っていたが、なんとか次のステップに進もうとして、逆に言うと乗っていた時期だった」と何事にもチャレンジする飯島さんをしのんだ。さらに「彼女の『ウソ、マジ、なんで私死んでるの? みんなゴメン、そんなつもりじゃなかった』という声が聞こえる。15日から音信不通だったが、連絡が取れないのは珍しくない。もっと早く気づいてあげれば良かった。悔しくてならない」とくちびるをかみ締めながら悼んだ。

 中山さんと最後に電話したのは1カ月前だったという。「ぼくの体調を心配してるんですよ。『年末年始忙しくなるでしょ。飲み過ぎると駄目なんだから、あんたには家族も子供いるんだし』って。そんなことを言ってる場合じゃねえだろって。今言いたいです、でも遅いです。オレからしたらね……ほんとバカヤローですよ、はっきり言って。何でその前になんとかできなかったのか。くだらないことでしょっちゅう電話してきたくせに、一番大事なときに何で電話ができなかったのか。それがでも……飯島愛だったと思いますよ」と一気に語った。

 中山さんは飯島さんが所属していた事務所の先輩。バラエティー番組「ウチくる!?」などで共演し、和気あいあいとした様子をお茶の間に見せていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000000-maiall-ent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。