スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ、全国で「流行宣言」 過去3番目の早さ

とうとうインフルエンザが流行り始めましたね。

最近では、インフルエンザに対する危機感が高まっています。
『パンデミック』とかいうものだったでしょうか。
短期間で爆発的に広がるという。(新型の話ですが)

潜伏期間が2~3日と短くて、症状が重い、しかも治ってからも2日ほどは
感染の可能性がある。

感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染が主だが、空気感染や接触感染もある。

インフルエンザにかかってしまってからでは遅いので、やはり予防が大事である。

予防手段は、うがい、手洗い、洗顔など。月並みだがこれが一番効果がある。
うがい薬などを使用してもいいのだが、水道水と殺菌成分の入ったうがい薬を
比較しても、あまり差がないそうだ。
むしろ、うがいなどの回数を増やしてこまめに予防手段をとる方がいい。

ワクチンを使用した予防法もあるが、製造に6ヶ月ほどかかるので間に合わない事もある。

なので、外出の多い人はもらわないように、また学校やオフィス内にいる事の多い人はうつさないように、うがい、手洗いを心がけましょう。

 近畿、中国地方でインフルエンザ患者が多数報告され、全国で本格的な流行シーズンに入ったことが国立感染症研究所の調査で17日、分かった。調査開始以来3番目に早い時期での流行入りとなった。流行のピークは1月下旬から2月上旬ごろとみられ、厚労省は「今からでも間に合うのでワクチンの接種や、手洗いうがいなど予防に努めてほしい」と呼びかけている。

 感染研によると、12月7日までの1週間に全国約5000カ所の定点医療機関から報告された患者は7707人で、前週の3911人から大幅に増加。医療機関1カ所当たりの平均では1・62人となった。感染研は1カ所あたりの報告数が1週間で1人を超えると「流行開始」と判断している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000531-san-soci
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。