スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散々な結果に 留学の成果イマイチ

結果的に、散々だったと言うことでしょうか?

語学留学(という名目?)でニューヨークに行っていたという長井秀和さん。
どれぐらいの期間留学していたのでしょうか。

語学留学する前に「世界で通用するコメディアンになるために・・・」とかを
メディアでよく仰っていたのをおぼえてます。

でも、気合いばかり(気負い?)でアタマデッカチになってるような気がしてたのは私だけでしょうか?

知り合いの話によると、海外語学留学をしても日本人同士でつるむばかりで、
積極的に英語を使う機会を自ら減らしている方が多いそうです。

だから、目標をちゃんと決めて目的意識をはっきり持って過ごさないと、何もせずに返ってくることになるみたいです。

って、そのまんま当てはまっているじゃないですか!

そういえば、アメリカでコメディアンの修行をしていた、『ぜんじろう』って方がいましたね。

「アメリカ人を笑わせにいく」とかなんとか言って、メディアの公表もそこそこに渡米してましたが、ある時、アメリカでの活動の様子が放送されてましたが、割といい感じで人を笑わせていたのを憶えてます。

語学力は無いよりはあった方がもちろんいいとは思いますが、
結局、語学力ではない、ということですか。

 語学留学していた米ニューヨークから帰国し、9年間連れ添った妻(33)との離婚を27日都内で発表したお笑いタレント、長井秀和(38)。…で、結局、留学の成果はどうだったのか。

 今年4月に妻から離婚を切り出されたという長井は9月から離婚に向けて本格的に協議を始め、今月24日に離婚届を妻に提出。受理されたかは確認できていないというが、3歳の長男の親権は妻が持つという。

 昨年5月に旅行先のフィリピンで美人局被害に遭い、昨年9月から留学を始めた直後にもカナダ人女性との不倫疑惑も発覚。「自分のしてきたことは極めて軽率だった」と猛省した。

 そもそも留学の目的は世界で通用するコメディアンの修業。ライブで鍛えた技を披露すべく、≪肥満のもとになるジャンクフードを米国で食べさせられるのに、日本人がハイテクを提供するのはアンフェア≫という内容のネタを英語で演じて見せたが、報道陣のウケはいまひとつだった。

 得意のフレーズ「間違いないっ!」に絡め、リポーターから「間違いだらけ?」と問われると、「言おうと思っていたのに…」と苦笑。今後の芸能活動について、「ルー大柴さんを参考にしたい」と語ると、「ルー語レベルなら、わざわざニューヨークに行かないでもよかったのでは?」と厳しく突っ込まれていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000004-ykf-ent
スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

気づいてもらう喜びか、バレない楽しみか?

彼女はどっちだったんでしょうか?

11月27日に、日劇PLEX2で映画『ハッピーフライト』の大ヒット御礼舞台あいさつが開催されました。

この日の舞台挨拶の前に、入り口でCAの制服で来場者を出迎えていたそうですが、綾瀬はるかの制服姿があまりにもはまり過ぎていたので、来場者のほとんどが気付かずに素通りしてしまったそう。

でも気付かれていたらパニックになってもみくちゃになっていたかも。
ということは、バレないのを楽しんでいたのかもね。
でも、ちょっとぐらい気付いてくれても、とか。


映画『ハッピーフライト』(東宝)は、パイロットやCA、整備士、管制塔など、フライトを支える様々な "空のプロフェッショナル" たちの、爽やかな青春群像を笑いと感動をたっぷりと盛り込んだ "ハッピー・ヒコーキ・ムービー" 。

ヒット作『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』などの映画で知られる矢口史靖監督が、約2年の歳月をかけて航空業界を取材し完成させた話題作。
ANAの全面協力により、実際に運航しているジャンボジェット機を借り切って撮影された。

「ある日のホノルル行きチャーター便の出発に向けてたくさんの関係者がそれぞれ準備をしています。パイロット、キャビンアテンダント、グランドスタッフ、オペレーションセンターや整備士そして乗客たち。
天気は良好、白く輝くジャンボジェット機、全てが整って間もなくテイクオフ・・・」

なにが起こるかは映画を見てね。
矢口史靖監督の映画で何も起こらないはずがない。


出演者は、綾瀬はるか、田辺誠一、時任三郎、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶなど、その他に時任三郎や岸部一徳、竹中直人、柄本明、小日向文世、笹野高史、田山涼成、ベンガルなど渋い面々も出演しています。


映画『ハッピーフライト』は日劇PLEXほかにて全国公開中です。

映画『ハッピーフライト』公式サイト

【関連写真】映画『ハッピーフライト』写真ギャラリー






 27日、日劇PLEX2で映画『ハッピーフライト』の大ヒット御礼舞台あいさつが開催され、主演の綾瀬はるか、矢口史靖監督らが出席した。

 この日は舞台あいさつ前に、CA役として映画に出演したキャストたちがANAの歴代制服に身を包み、劇場入口で来場者をお出迎えするというイベントが開催され、主演の綾瀬も芦田淳デザインによる7代目(1982~1990年)の制服姿でスタンバイしていた。しかし、綾瀬のCA制服があまりにハマっていたため、来場者のほとんどはそこに立っているのが主演女優本人だと気づくことなく、綾瀬の前を次々と素通り! 心配されていたパニックが起こらなかったのは幸いだったが、あまりのスルーっぷりに、思わず苦笑してしまう綾瀬だった。

 もちろんその後、舞台あいさつに綾瀬が登場すると、客席からは大きな歓声が。劇中とは別デザインの制服を着た感想について綾瀬は「非常にフィット感があって動きやすい。それにお上品ですよね」とコメントし、矢口監督から「もう少し帽子を上げたほうが、顔がよく見えるよ」と指摘されると「これが規定なので!」と見た目よりも決まり事を優先させるまじめな一面がうかがえる一幕もあった。今回、さまざまなルールに従いながら働くCA役に挑んだ綾瀬だが、すっかりCAとしての姿勢が身についたようだ。

 『ハッピーフライト』は映画『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』などのヒット作で知られる矢口監督が、約2年の歳月をかけて航空業界を取材し完成させた話題作。ANAの全面協力により、実際に運航しているジャンボジェット機を借り切って撮影された。

映画『ハッピーフライト』は全国東宝系にて公開中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000008-flix-movi

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

メルマガの配信頻度と信頼度

インターネットを頻繁に使ってる方は、毎日の日課がメールチェックだという方は多いと思います。

私の場合、毎日メールチェックをしていてまずやることは、スパム的なメルマガを片付けることです。

いつの間にか増えてしまったどうでもいいメルマガが迷惑メールボックスの中に入ってくる。

ただ、その中身がすべて迷惑メールなら良いのだが、たまに大事なメールが混ざることがあり、それを救い出してからメールを削除。

でも、「おっ」と気を引く言葉があるとたまにメールを開いてしまうが、大した内容じゃなかったりする。

スパムメルマガの基準というのは曖昧なもので、結局のところ受け取る側が好意的になれるかどうか、ということも関係あるだろう。

だた、1日に5通も6通もいっぺんにメールを配信してくるところがあるが、あれはどう考えても読もうという気にはなれない。

わざと読む気を萎えさせようとしているのかな?



不況で売り上げが落ちてきている会社が焦り始めている。それが、売り込みメルマガの配信頻度に反映されている。

多くの会社が、売り込みメルマガの配信頻度を増やすと受信する読者の反応はどうなるか?

そんなことを読者の視点で考えてみる必要がある。

読者から NO と言われる手っ取り早い方法が配信頻度を増やすことだ。それも売り込み中心のメルマガであればあるほど、読者はそのメルマガを開かないしスパムメルマガとして迷惑メール防止ボタンを押してしまう。

不況のときは、メルマガの配信頻度を現状維持にする。それで読者に嫌われない防御ができる。

ただ、それだけでは売り上げが伸びない。これを解決するには、別の方法を打ち出す必要がある。

お勧めは、読者とのコミュニケーションをオフラインで行うことだ。読者を店舗に誘導するためのイベントなどを開催する。または、無料セミナーなどをメルマガで告知して読者との親睦を図る。

別なチャネルで読者との接点を増やすことで売り上げを伸ばす。メルマガは、別のチャネルでの接点を告知するために使う。

(執筆:吉田憲人 ゴヤット LLC 代表)

記事提供: Goyat LLC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000002-inet-inet

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

禁煙の友 電子タバコ

先日、吸いながら禁煙できる『電子タバコ』という禁煙グッズを知りました。
TV『さんまのまんま』で、K-1ファイターの魔裟斗がお土産で電子タバコを紹介していたんです。

1日に約80本ものタバコを吸うヘビースモーカー・明石家さんまの健康を気遣っての贈り物。

この禁煙グッズは、火をつける必要がない。
見た目は普通のタバコと同じなのですが、吸うと先端部分が赤くなり、煙(ミスト)も出ます。煙は水蒸気だということなので、もちろん健康を害することもない。

この電子タバコは充電式なので繰り返し使うことが出来るので経済的?かも。
値段はどれぐらいなのかは知りませんが、もしこの電子タバコで禁煙できたら結果的に経済的になりますけどね(笑)。

この電子タバコの、禁煙グッズとしての効果はどんなものか知りませんが、
早速、この電子タバコを試した明石家さんまが、
「もしかしたら、これでタバコを止められるかもしれない!」
と意外にも気に入った様子でした。

タバコの味がするのにタバコではなく人体に無害だという、不思議な最新商品。
ひょっとしたらこの禁煙グッズで、すぐに禁煙が成功するかもしれないですね。

禁煙を考えている方は、どんなものか一度見てみる価値はありそうです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

『私は貝になりたい(東宝)』のキャンペーン全28カ所、403媒体ハード取材完走

11月22日封切りの映画『私は貝になりたい(東宝)』のキャンペーン全28カ所、403媒体もの取材をこなしたそうです。

『SMAP』の中居くん、スゴい、スゴすぎます。 しかもSMAPのツアーと重なってたという。自分だったら考えただけで貝になっていることでしょう。

『私は貝になりたい(東宝)』の内容は大ざっぱにいうと、捕虜を殺したという冤罪で死刑を宣告される、その中での様々な思いや葛藤、夫婦の愛、家族愛そして人間ドラマを描いたストーリーだそうです。(大ざっぱすぎですね。)

主演はSMAPの中居正広、そして仲間由紀恵。他に石坂浩二、上川隆、柴本幸、西村雅彦、武田鉄矢、泉ピン子、笑福亭鶴瓶、など。SMAPの草薙剛も出ている。

音楽は久石譲、主題歌はMr.Childrenの新曲『花の匂い』。

予告編を見ているだけで、なんだか感動的で泣きそうな雰囲気になるのですが、重苦しく悲しいだけのストーリーではなく、その中に家族の和やかなシーンや笑える場面もあり、また季節ごとの景色がとてもきれいで感動したという感想もあるようです。



 SMAP中居正広(36)の主演映画「私は貝になりたい」(福沢克雄監督)が22日初日を迎え、東京・有楽町の日劇1で舞台あいさつが行われた。TBSを含めた系列28局が製作委員会に入っているため、中居は28カ所すべてでキャンペーンを行った。SMAPのツアーと重なったが完走し、403媒体の取材をこなした。妻役の仲間由紀恵、息子役の加藤翼は花束を渡してねぎらった。ほかに石坂浩二、笑福亭鶴瓶、柴本幸、脚本の橋本忍氏らが出席。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081123-00000022-nks-movi

インスリンの分泌量が3倍になっても・・・

インスリンの分泌量を3倍に増殖させる細胞の実験があったそうです。
インスリンといえば糖尿病。

そういえば、知り合いの職場に「食べるのが趣味」という100キロ代の巨漢がいるのですが、仕事が忙しくなるといつも体の調子を崩して会社を休んでいて、そのしわ寄せが知り合いの方にのしかかるそうなんです。

迷惑な話ですね。

以前、仕事場で胸が苦しくて病院に運ばれたことがあるみたいですが、どうも心臓に悪い症状が出てきたそうです。
それって糖尿病の合併症なんじゃないかと。

糖尿病になるとインスリンの分泌が不十分になって高血糖になり、動脈硬化などによるいろんな病気が出るそうです。

両親も糖尿病で、父親が亡くなっているそうです。
最近では、母親が脳梗塞か何かで倒れたらしく、仕事を休んでるので、知り合いがその分の仕事を家に帰れずにやっていたとか。

「とにかく、やせろ!」と檄を飛ばしてるそうなのですが、ふて腐れるばかりで問題の深刻さに向き合っていないようです。

インスリンの分泌を促すベータ細胞を増殖させる実験が成功した。
今後、インスリン注射の代わりに大活躍するかもしれないですね。
でもその前に、日頃の食習慣や生活習慣などの改善をしないとあまり意味がないです。



 肥満時に肝臓で作られるたんぱく質の働きを利用し、血糖値を下げるインスリンの分泌細胞を膵臓(すいぞう)で増殖させることに、東北大学の片桐秀樹教授(代謝学)らのチームがマウス実験で成功した。糖尿病の新たな治療法につながる成果と期待される。21日付の米科学誌サイエンスに掲載された。

 インスリンは膵臓のベータ細胞から分泌される。チームは、肥満になるとベータ細胞が増えることに注目。肥満時に肝臓で作られるたんぱく質を増やす遺伝子を正常なマウスに導入したところ、膵臓でベータ細胞が急増した。糖尿病を発症させたマウスでもベータ細胞が増殖。導入しない糖尿病マウスに比べ、インスリン分泌量が約3倍になった。

 また、肝臓から脳、膵臓へとつながる神経を切断して同じ実験をするとベータ細胞は増えなかった。チームは、肝臓が肥満状態を感知するとこのたんぱく質が作られ、信号が脳を経由して膵臓に伝わり、ベータ細胞を増殖させると考えている。片桐教授は「臓器間の神経ネットワークを使うことによって、ベータ細胞を増殖できた。将来、インスリン注射や移植が不要になるかもしれない」と話す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081123-00000001-maiall-soci

「ボージョレ・ヌーボー」ブーム終わった 輸入量年々減少


ワインの新酒「ボジョレヌーボー」が解禁になりましたね。

「ボジョレヌーボー」の解禁日はフランスのワイン法で「11月の第3木曜日」
と定められているが、本場フランスよりも、日付変更線に最も近い日本で一番最初に味わうことが出来る。

新酒のワインなので長く寝かせることはないが、口当たりもよく、あまりお酒を飲まない人にも飲みやすいかと思われます。

ただ、容器が『ガラスの瓶』から『ペットボトル』に変わったそうです。
輸送費や何やらで経費の削減だという。

ワインに限らず、個人的にはやっぱり『ガラスの瓶』のほうがいいかな。



 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」。解禁日が近づくと何かとにぎやかな話題になるのが普通だが、2008年は様子がちょっと違う。スーパー西友が販売価格を値下げすると発表したのだ。ブームから一転、人気に陰りが出てきているようで、輸入量も減っている。その一方で、ボージョレに代わって若い女性に人気を集めているのが、「スパークリングワイン」だという。

■サントリー18%減、サッポロビール22%減

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が2008年11月20日に解禁された。毎年、解禁前から大騒ぎになるが、今年は異変が起きた。

 大手スーパーマーケットの西友は11月17日、ボージョレを値下げすると発表した。「フランソワ・フッシェ ボジョレーヌーヴォー」(750ミリリットル)は1390 円、「フランソワ・フッシェ ボジョレー・ヴィラージュヌーヴォー」(同)は1489 円で販売する。前年は同メーカー、同ブランドを1900~2000円で売っていた。値下げの理由について、西友は「円高差益分を還元するため」としているが、解禁前に値下げすることも1500 円を切る低価格での販売も、珍しいという。

 イオンも円高還元を理由に、1780円で販売する予定だったボージョレを1280円にすると11月19日に発表。これに対抗して西友は同日、当初の値下げ価格(1390円)からさらに下げて、1279円にすると発表した。 フランス食品振興会によると、ボージョレの日本への輸出量は年々減っている。04年の104万ケースがピークで、それ以降は05年97万ケース、06年95万ケース、07年68万ケースとなっている(1ケースは750ミリリットル瓶12本で算出、以下同)。

 08年のボージョレ市場は、さらに縮小すると見られている。ワイン大手が受注したボージョレは、07年に比べて2桁の単位で減っている。サントリーは前年比18%減の18万8500ケース、サッポロビールは22%減の1万8000ケースだった。

 サントリーの広報担当者は削減理由について、前年に比べて解禁日が5日遅く、商戦期間が短いことを挙げている。

 サッポロビールの広報担当者は、こう語る。

  「近年、ブームが落ち着いてきたこともあって、流通サイドは在庫が出ないように仕入れを抑える傾向にあるようです。古くなった『新酒』は売れませんからね。業界では、消費が落ち込んだというよりは、この数年が『異常なブーム』だったと見ています」

■スパークリングワインに若い女性を中心に人気シフト

 ブログで語られた単語を分析するサイト「kizasi.jp」によると、「ボージョレ(ボジョレ)」について語られた件数は08年11月12~18日が128件。一方、07年11月14~20日は1772件だった。08年は解禁日が5日遅いことも影響していそうだが、それを差し引いても前年と比べて、ネットでもあまり話題に上っていないようだ。

 そんな中、ボージョレに代わって人気を呼んでいるのが、「スパークリングワイン」だという。サントリーはスパークリングワインの08年の受注量(1~10月)が前年に比べて20%増えた。サッポロビールは、06年125.2%、07年103.6%、08年120%と年々伸びている。

 サッポロビールは50種類のスパークリングワインを扱っていて、ワイン同様に辛口、甘口、フルーティなものと、好みで選べる。値段も様々で、「シャンパン」のように5000円以上の高価なものもあれば、1000円台のリーズナブルなものもある。自在に選べ、若い女性を中心に人気を呼んでいる。広報担当者は、こうみている。

  「もともと、クリスマスや正月のお祝い事に向けて売れていましたが、最近は売れる時期が早まり、11月から店に置いています。ちょうどボージョレの解禁日と重なっていて、これまでボージョレを飲んでいた層がスパークリングワインにシフトしているとも考えられます」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000001-jct-soci

あなたの考えてることがバレバレ!?


マーケティングという言葉は、普段ふつうに暮らしている限りはなかなか耳にしない言葉ですね。

でも、大企業はもちろん、経営や商売をしている方なんかは、度合いの差はあれやっていることなのだと思う。

まあ、アンケートをとるぐらいならイメージできるけど・・・。

そんなマーケティング調査に、最近、脳波を調べて行うサービスが開始されたという。

どういう仕組みで調査するのかは当然全く解らないが、例えばターゲット層の注意を引く広告はどれか、感情を動かされる広告はどれか、などを調べることができるそうだ。

でも、脳波を調べてもどこまで信憑性があるのか、と思うひとも少なくないんじゃないかと思う。

ものすごい興味のあるものを見せられたら、脳波計が真っ赤に反応する、とかだったらわかるけど、それって顔に出てたりして。

また、全く関係のないところで反応してたら結果も変わるだろうし。

ちなみに、たまにプロレスや格闘技の番組を見るのですが、もちろん試合も見ているが、観客の反応を見ているのも面白い。(特に女性)

それとも、脳波を調べると、例えば「甘いものが好き!」とか出るのかな?
それはスゴいことになるでしょう。いや、考えていることが見透かされているみたいで、かえって怖いですね。

「家電製品が好き!」と出たから「家電が好きなんですね」と説得されて、なんとなくそれならそうかなあと思わされたり。

それはマーケティングとは関係ないですね。



脳波マッチング広告が出てくるかも。

マーケティング業界に新時代が到来した模様です。ニールセンとそのパートナー企業のニューロフォーカスは、なんと脳波を直接調べることで消費者のマーケティング調査を行うサービスを、ここ日本で開始しました。

例えばターゲット層の注意を引く広告はどれか、感情を動かされる広告はどれか、などを調べることができます。洗脳まであと半歩ですね。

参照サイト : http://www.japantoday.com/category/technology/view/research-firms-scan-brain-waves-to-improve-marketing [Japan Today]

Elaine Chow(MAKI/いちる)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000003-giz-ent

じゅうぶんに、たりてますか?

最近、「たりないもの占い」という占いがネットで話題になっている。

占いといっても、占星術とか四柱推命とか、そういった類いのものではなく、
いわゆる「脳内メーカー」の占い版のようなものだ。

「笑っていいとも」などのメディアでも取り上げられていたので知っている方も多いでしょう。

名前を入力すると、その名前の人に対して100人の方が「たりないもの」を
教えてくれる仕組み。もちろん無料。

この占い、特にこれと言ったアドバイスはなく、「たりないもの」別に、人の集まりと吹き出しのイラストで表示されている。

漢字で入力するのと、ひらがなで入力するのとでは結果が違う。

まあ、当たるも八卦、あたらぬもも八卦。

ネットの表示の特性上、単刀直入に答えを出してくれるのだが、
自分に当てはまってなくても、なぜかちょっと真に受けてしまうのは私だけでしょうか?

たりないもの占い
http://0l0l.net/_/tari/


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

TAG : 占い たりない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。