スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス書「勝間本」大ブーム

勝間さんを知ったのはいつだっただろうか?

仕事柄パソコンを使うことが多いので、出来ればノートパソコンを持ち歩いたり、移動は電車や車を使うことが少なく、ほとんど自転車なので、iPodを聞きながら移動して、モバイル通信でネットにアクセスするとか・・・。

ちょうどそんなことを考えているときに、とある書店で自転車に乗る彼女の姿が載っている書籍に出くわした。

これ
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 237
おすすめ度の平均: 4.0
4 やらないことを決める
5 自分をグーグル化とはなんぞ?
5 本ほど安いものはない!
2 グーグル化じゃなくてヤフー化
5 まだ、メールで、損をつづけますか?



こんなことをやっているヤツがいるんだ。しかも完璧じゃないか!

それが勝間和代さん(40)だったのである。

経済評論家という肩書きにもある通り、バリバリのキャリアウーマンだが、発想も面白いし、なかなかスタイリッシュでかっこいい方です。

最近では、テレビで見かけたのですが、アフリカだったか、道路も無いような土地を取材されていて、開発ままならぬ地域においての、道路の必要性を語ってらっしゃいました。

同世代の女性のみならず、若い世代の女性にも人気があるようですね。

ついでにこんなのも。
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践



 経済評論家の勝間和代さん(40)がマスコミに引っ張りだこの人気で、「勝間(カツマー)ブーム」現象が起きている。正しいやり方をすればだれでもキャリアアップできる、という主張は魅力的だ。もっとも、そのビジネス書には、売ることばかり考えた安易なハウツー本との批判もある。が、主婦やOLの体験を元にした親しみやすさが、アラサー世代などに受けている。

■ブログやメルマガといったネット媒体駆使

 このところの「カツマーブーム」は、目覚ましい。ネット上や女性誌で勝間和代さんの連載が次々に組まれ、今度は、アエラの2008年12月22日号で表紙デビューした。それも、「勝間和代の'09年『生き方』戦略」の大見出しで、12ページにもわたって特集が組まれている。

 勝間さんは、アーサー・アンダーセン、JPモルガン証券などの外資系企業勤務を経て独立し、「年収10倍アップ勉強法」などのビジネス書を出している。ワーキングマザー支援活動などにも力を入れ、05年には米ウォールストリート・ジャーナル紙の「世界の最も注目すべき女性50人」にも選ばれている。お堅い経歴のようだが、なぜこれほど受けているのか。

  「30歳前後のアラサー世代にとくに人気で、この世代にとって、親しみやすいバーチャル上司のように思われているようですよ」

 「勝間本」に詳しい出版関係者は、その理由をこうみる。

 勝間さんは、OLをしながら3人の娘の子育てをし、その体験から、いかに効率よく仕事をして自分の時間を作るかを訴えてきた。それも、ブログやメルマガといったネット媒体も駆使して、アラサー世代などに語りかけている。

  「この世代にとって、参考となるビジネス書はあまりありません。親しみにくい経営者が書いたものであったり、精神論を説くものであったりするからです。それに比べ、勝間本は、OLや母親を経験した立場から書き、しかも、具体的な解決法が詳しく述べられています。例えば、電車内などの好きなときに英語を勉強するにはオーディオブックがよく、それはあのサイトに載っている、とすぐ行動に移せるようなアドバイスですね」(出版関係者)

 つまり、ネット上で出会うバーチャルな理想の上司が、「勝間和代」ということだ。

■ワーキングマザーを中心に、生き方自体にあこがれる女性は多い

 そもそも、勝間和代さんがブレイクしたのは、ブログでの紹介がきっかけ。人気ブログ「俺と100冊の成功本」管理人の聖幸さんが、2007年4月19日の日記で、「社会人版ドラコン桜」と紹介した。漫画の「ドラゴン桜」が正しく勉強すればだれでも東大に受かると説いたように、正しいやり方をすればだれでもキャリアアップできると説いたからだ。

 そこで紹介された「年収10倍アップ勉強法」は、その後ベストセラーとなり、これまでに17万部が出ている。出版したディスカヴァー・トゥエンティワンの広報担当者は、「インプットした勉強の分をアウトプットにすれば、それが年収に表れると提唱し、人気を呼びました。自らも、ネット上で読者やブロガーへ情報発信して、双方向的な活動をしているんですよ。ワーキングマザーを中心に、その生き方自体にあこがれる女性は多いですね」と話す。

 いわば、アメリカでかつて話題になった「カリスマ主婦」のような人気というのだ。

 とはいえ、ブームになれば当然、反発や批判は出てくる。前出の出版関係者は、「積極的なPRなど本が売れる努力をすることに、『邪道だ』『いいものを書けばいい』との読者の声も多いです」と明かす。経済学者の池田信夫さんからも、ブログの08年2月2日付日記で、「すべての人の生産性を10倍に上げる万能の特効薬なんかない」との批判が出ていた。

 ネット上での情報発信に力を入れている勝間さんらしく、池田さんの批判については、翌日に早速コメントをブログに寄せている。

 本のPRやタイトルなどを確信犯的な戦略だとして、

  「自分よりも若年層を中心に、どんなにあざといタイトルでもいいから、本を手にとってもらうこと。そして、本の内容をきっかけに、自分のアタマを使うことにひとつでも多く、目覚めてもらうことです」

とその意図に理解を求めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000000-jct-soci
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 政治・経済

残業時間を有効に

厚生労働省によると、現金給与総額が0.1%減で、内情は残業時間の減少による
給与の減少などだそうである。

でも、残業時間が減ったということは、その分時間が増えたということ。

その時間の有効活用としてインターネットを使ったサイドビジネスなんかどうだろうか。ということの続きです。


最近では『FX』という投資が流行ってますね。
『FX』とは、外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)
というものです。
あまり良くは知らないのですが、日本のお金を外国のお金に替えて、
その差額で儲けを出す、と言ったものだと思います。

要は、円高のときに外国のお金に替えておいて、円安になったら換金するという方法でしょうか?

そういえば、2・3ヶ月前にテレビのニュースで、現金300万円ぐらいの札束で
ウォン(韓国のお金)か何かを買っているのを見ましたが、
あれのシステム化したやつですかね?

FX』って言うのは結局のところ為替相場を見て取引するというものなので、
株式投資のいわゆる『デイ・トレード』みたいなものなのかな。
ただ株式投資に比べれば、扱うものが外貨だけなので複雑ではないようですね。

為替の上下変動なども携帯電話で知らせてくれるサービスもあるでしょうね。
まあ、入れ込みすぎると休む暇もなくなりそうですが。

『藤川ゆりDVD love navi 八戸』にちなんで八戸をちょっとだけ紹介 その2

地元青森の八戸市をPRするために、藤川ゆりさんが出演する、
観光PR・DVD『藤川ゆりDVD love navi 八戸』が11月19日に発売。

藤川ゆりDVD love navi 八戸
ポニーキャニオン (2008-11-19)
売り上げランキング: 60



これにちなんで、八戸を感じるものをちょっと調べてみた、のつづきのつづき。

これからの、冬の季節の自然の観光はさすがにキツいですね。
辺り一面、白一色の風景もいいですが。

なので観光スポットもあまりないし、祭りなどのイベントも夏の季節の方が多いみたいです。

『八戸三社大祭』は、27台の豪華絢爛な山車が市中心街を運行するという、
約280年の歴史を誇る八戸市最大のお祭り。

八戸市中心街などでは、ダンスコンテストやストリートミュージック、野外劇や和太鼓演奏などが行われる市民参加型のイベント『南部道楽フェスティバル』。

また国内・海外のトップ・ジャズ・ミュージシャンが出演する『南郷サマージャズフェスティバル』など。

年末の時期はあまり何もないみたいですが、2月の中頃に『八戸えんぶり』というお祭りがあります。

『八戸えんぶり』とは、馬の頭をかたどった烏帽子を被った太夫と呼ばれる舞い手が勇壮な舞を披露という、八戸に春を呼ぶ豊作祈願のお祭り。

八戸地方を代表する民俗芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されており、青森冬の三大まつりや、みちのく五大雪まつりに数えられています。

冬の一番寒い時期に、こういったイベントも楽しいのではないでしょうか。

『藤川ゆりDVD love navi 八戸』にちなんで八戸をちょっとだけ紹介

地元青森の八戸市をPRするために、藤川ゆりさんが出演する、
観光PR・DVD『藤川ゆりDVD love navi 八戸』が11月19日に発売。

藤川ゆりDVD love navi 八戸
ポニーキャニオン (2008-11-19)
売り上げランキング: 60



これにちなんで、八戸を感じるものをちょっと調べてみた、のつづき。


八戸の食文化では「八戸せんべい汁」という鍋料理があります。
「八戸せんべい汁」とは、鶏肉や魚でだしをとった鍋に、おつゆに良くあう
『南部せんべい』という煎餅を割り入れて煮込んだ郷土料理。
「せんべいを煮る?と聞くとびっくりするかもしれませんが、だし汁が染み込んでつるつるもちもちっとしたせんべいがクセになるおいしさで、その食感はまるでパスタのアルデンテのよう。」だそうです。

また、湯せんするだけで食べれる『せんべい汁パック』と、
お湯を注ぐだけで食べれる『即席せんべい汁』も見つけました。
良かったら見ていってください。


新食感!八戸名物 せんべい汁



青森八戸のせんべい汁。カップにお湯を注いで待つだけ♪

また、『いちご煮』という、新鮮なウニとアワビでお吸物風に仕立てたものも有名。
『いちご煮めし』という駅弁には、ウニとアワビをふんだんに使っているんでしょうね~。


青森県八戸地方の特産品【ウニとアワビの潮汁”いちご煮”】


煮干しをふんだんに使った、あっさりとした醤油ベースの『八戸らーめん』も美味しそうです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

給料が減るのはつらいが・・・

最近は不景気な風が吹き荒れているので、こういったニュースを知ると殺伐とした気分になりますね。

給料が全体的にちょっと減ったようです。
内訳は、残業時間が減ったので残業代が減り、また賞与などの手当も減ったということです。不景気なので仕事が減ったということでしょうか?


でも、残業時間が減ったということは、その分時間が増えたということ。

給料が減るのはつらいですが、ちょっと視点を変えてみるのもいいかもしれないですね。

その残業時間を他のことに充てられる訳ですから、家族団らんに使うとか、ちょっとなまった体を動かしに、その辺をぶらぶら探索してみるとか、読めずにいた書籍を読んでみるとか、撮りためたテレビ番組を片っ端から見るとか。


また、サラリーマンはやらない方がいいと思います、と一応言っておきますが、
時間や制約に縛られないような副業・サイドビジネスという選択肢もありますね。

とくにインターネットを使ったサイドビジネスなんかは、時間的な制約やその他の厳しい制約も無いので、気軽に始められるし、飽きたらすぐやめられる。

少ない時間を活用しての小遣い稼ぎぐらいなら、楽しみながら出来るんじゃないかなと思います。

ただ、副業で収入が出過ぎて、会社にバレてクビにでもなったら本末転倒ですが。
(そんなにうまいこといかないので大丈夫ですが・・・笑)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

「美人議員」初DVDが部門1位

それにしても綺麗な方ですね。とても市議会議員には見えません。


地元青森の八戸市をPRするために、藤川ゆりさんが出演する、
観光PR・DVD藤川ゆりDVD love navi 八戸』が11月19日に発売。

藤川ゆりDVD love navi 八戸
ポニーキャニオン (2008-11-19)
売り上げランキング: 60



12/1付のオリコン週間DVDランキングで初登場41位にランクインし、
また同ランキングのアイドル・イメージ部門では1位を獲得したそうです。

ところで八戸はどんなところでどんなものがあるか、ご存知でしょうか?
近くに住んでいる方は知っているとは思いますが、多くの人は知らないんじゃないでしょうか。

私も全く知らないのでちょっとだけ調べてみました。

八戸を感じる一番手軽なものとして、駅弁なんかいいんじゃないでしょうか?

駅弁案内処・駅弁検索のページ

炊きたてのご飯の上に、ウニやいくらなどの海のものを敷き詰めた、
『わっぱめし』や『いちご煮めし』、てり焼ほたて弁当、紅鮭はらこめし、マグロづけ炙り丼、など。

やはり海が近いだけあって、海産物たっぷりのお弁当が多いですね。

イカめしなんかも美味しそうですね。

八戸は「イカの街」と言われるぐらいの、イカの水揚げでは、日本の約3割を占め全国第1位を誇る町なんです。

イカをそのまま食べるのもいいですね。



 “美人すぎる議員”として各方面で取り上げられ話題となった青森県八戸市市議会議員の藤川ゆりさんが出演する観光PR・DVD『藤川ゆりDVD love navi 八戸』(11月19日発売)が、12/1付のオリコン週間DVDランキングで初登場41位にランクイン。同ランキングのアイドル・イメージ部門では1位を獲得し、注目度の高さをうかがわせた。

 その美貌で一躍脚光を集めた藤川議員が地元の八戸市をPRするために体を張って挑んでおり、議員としては異例ともいえる同作。自らがセレクトした八戸の観光スポット・史跡・食・お祭りなどをめぐり、八戸三社大祭で和太鼓を叩く姿や、日本の渚100選にもあげられる大須賀海岸で水着姿も披露する。

 また、市議選出馬への決意、トップ当選を果たした際の心境、議員としての1年間の足跡、今後の抱負と夢、ふるさとである八戸への思いなど、これまであまり語られることのなかった藤川議員の人間像をクローズアップした単独インタビューも収録している。

 同作は、2008年度のアイドル・イメージDVD(女性部門)でも4位を記録し、同年度のデビュー作品としても1位となっている。11/18付のオリコンデイリーDVDランキングでは“議員モノ”としては異例といえる総合TOP10入りを果たしており、週間ランキングの動向に期待が高まっていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081125-00000028-oric-ent

給料が減るのはつらい_残業減、現金給与10か月ぶり減

給料が減るのはつらいですね。
現金給与の総額が10ヶ月ぶりに前年実績を0.1%下回ったようです。

あまり経済のことは詳しくありませんが、ふたを開けてみると、
所定内給与が0.2%増加したが、所定外給与は3.1%減少した。

つまり基本給はちょっとだけ増えたが、残業時間が減ったので当然、
残業代が減り、賞与や手当などの臨時収入も減ったので全体の給料が減った、
ということでしょうか?

まあ数字の上のことなので、直接関係のある人はどれぐらいいるのかは
知りませんが、毎日ほとんど残業をしているのに残業代が出ない(出せない?)
という話もよく聞きます。

それを考えると、サラリーマンで少しでもボーナスをもらってるような方は、
まだまだいい方ですよね。



 厚生労働省が1日発表した10月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、現金給与総額は前年同月比0.1%減の27万4751円で、10カ月ぶりに前年実績を下回った。所定内給与が25万0812円と0.2%増えたが、残業時間の減少で、所定外給与が1万9356円と3.1%減少したのが響いた。賞与など特別に支払われた給与は4583円で、6.2%減少した。

 残業時間の減少が特に目立ったのは製造業で、11.1%減と、2002年2月(12.0%減)以来6年8カ月ぶりのマイナス幅だった。総実労働時間は0.1%の減少。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000031-jij-pol

メルマガの配信頻度と信頼度

インターネットを頻繁に使ってる方は、毎日の日課がメールチェックだという方は多いと思います。

私の場合、毎日メールチェックをしていてまずやることは、スパム的なメルマガを片付けることです。

いつの間にか増えてしまったどうでもいいメルマガが迷惑メールボックスの中に入ってくる。

ただ、その中身がすべて迷惑メールなら良いのだが、たまに大事なメールが混ざることがあり、それを救い出してからメールを削除。

でも、「おっ」と気を引く言葉があるとたまにメールを開いてしまうが、大した内容じゃなかったりする。

スパムメルマガの基準というのは曖昧なもので、結局のところ受け取る側が好意的になれるかどうか、ということも関係あるだろう。

だた、1日に5通も6通もいっぺんにメールを配信してくるところがあるが、あれはどう考えても読もうという気にはなれない。

わざと読む気を萎えさせようとしているのかな?



不況で売り上げが落ちてきている会社が焦り始めている。それが、売り込みメルマガの配信頻度に反映されている。

多くの会社が、売り込みメルマガの配信頻度を増やすと受信する読者の反応はどうなるか?

そんなことを読者の視点で考えてみる必要がある。

読者から NO と言われる手っ取り早い方法が配信頻度を増やすことだ。それも売り込み中心のメルマガであればあるほど、読者はそのメルマガを開かないしスパムメルマガとして迷惑メール防止ボタンを押してしまう。

不況のときは、メルマガの配信頻度を現状維持にする。それで読者に嫌われない防御ができる。

ただ、それだけでは売り上げが伸びない。これを解決するには、別の方法を打ち出す必要がある。

お勧めは、読者とのコミュニケーションをオフラインで行うことだ。読者を店舗に誘導するためのイベントなどを開催する。または、無料セミナーなどをメルマガで告知して読者との親睦を図る。

別なチャネルで読者との接点を増やすことで売り上げを伸ばす。メルマガは、別のチャネルでの接点を告知するために使う。

(執筆:吉田憲人 ゴヤット LLC 代表)

記事提供: Goyat LLC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000002-inet-inet

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

「ボージョレ・ヌーボー」ブーム終わった 輸入量年々減少


ワインの新酒「ボジョレヌーボー」が解禁になりましたね。

「ボジョレヌーボー」の解禁日はフランスのワイン法で「11月の第3木曜日」
と定められているが、本場フランスよりも、日付変更線に最も近い日本で一番最初に味わうことが出来る。

新酒のワインなので長く寝かせることはないが、口当たりもよく、あまりお酒を飲まない人にも飲みやすいかと思われます。

ただ、容器が『ガラスの瓶』から『ペットボトル』に変わったそうです。
輸送費や何やらで経費の削減だという。

ワインに限らず、個人的にはやっぱり『ガラスの瓶』のほうがいいかな。



 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」。解禁日が近づくと何かとにぎやかな話題になるのが普通だが、2008年は様子がちょっと違う。スーパー西友が販売価格を値下げすると発表したのだ。ブームから一転、人気に陰りが出てきているようで、輸入量も減っている。その一方で、ボージョレに代わって若い女性に人気を集めているのが、「スパークリングワイン」だという。

■サントリー18%減、サッポロビール22%減

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が2008年11月20日に解禁された。毎年、解禁前から大騒ぎになるが、今年は異変が起きた。

 大手スーパーマーケットの西友は11月17日、ボージョレを値下げすると発表した。「フランソワ・フッシェ ボジョレーヌーヴォー」(750ミリリットル)は1390 円、「フランソワ・フッシェ ボジョレー・ヴィラージュヌーヴォー」(同)は1489 円で販売する。前年は同メーカー、同ブランドを1900~2000円で売っていた。値下げの理由について、西友は「円高差益分を還元するため」としているが、解禁前に値下げすることも1500 円を切る低価格での販売も、珍しいという。

 イオンも円高還元を理由に、1780円で販売する予定だったボージョレを1280円にすると11月19日に発表。これに対抗して西友は同日、当初の値下げ価格(1390円)からさらに下げて、1279円にすると発表した。 フランス食品振興会によると、ボージョレの日本への輸出量は年々減っている。04年の104万ケースがピークで、それ以降は05年97万ケース、06年95万ケース、07年68万ケースとなっている(1ケースは750ミリリットル瓶12本で算出、以下同)。

 08年のボージョレ市場は、さらに縮小すると見られている。ワイン大手が受注したボージョレは、07年に比べて2桁の単位で減っている。サントリーは前年比18%減の18万8500ケース、サッポロビールは22%減の1万8000ケースだった。

 サントリーの広報担当者は削減理由について、前年に比べて解禁日が5日遅く、商戦期間が短いことを挙げている。

 サッポロビールの広報担当者は、こう語る。

  「近年、ブームが落ち着いてきたこともあって、流通サイドは在庫が出ないように仕入れを抑える傾向にあるようです。古くなった『新酒』は売れませんからね。業界では、消費が落ち込んだというよりは、この数年が『異常なブーム』だったと見ています」

■スパークリングワインに若い女性を中心に人気シフト

 ブログで語られた単語を分析するサイト「kizasi.jp」によると、「ボージョレ(ボジョレ)」について語られた件数は08年11月12~18日が128件。一方、07年11月14~20日は1772件だった。08年は解禁日が5日遅いことも影響していそうだが、それを差し引いても前年と比べて、ネットでもあまり話題に上っていないようだ。

 そんな中、ボージョレに代わって人気を呼んでいるのが、「スパークリングワイン」だという。サントリーはスパークリングワインの08年の受注量(1~10月)が前年に比べて20%増えた。サッポロビールは、06年125.2%、07年103.6%、08年120%と年々伸びている。

 サッポロビールは50種類のスパークリングワインを扱っていて、ワイン同様に辛口、甘口、フルーティなものと、好みで選べる。値段も様々で、「シャンパン」のように5000円以上の高価なものもあれば、1000円台のリーズナブルなものもある。自在に選べ、若い女性を中心に人気を呼んでいる。広報担当者は、こうみている。

  「もともと、クリスマスや正月のお祝い事に向けて売れていましたが、最近は売れる時期が早まり、11月から店に置いています。ちょうどボージョレの解禁日と重なっていて、これまでボージョレを飲んでいた層がスパークリングワインにシフトしているとも考えられます」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000001-jct-soci

あなたの考えてることがバレバレ!?


マーケティングという言葉は、普段ふつうに暮らしている限りはなかなか耳にしない言葉ですね。

でも、大企業はもちろん、経営や商売をしている方なんかは、度合いの差はあれやっていることなのだと思う。

まあ、アンケートをとるぐらいならイメージできるけど・・・。

そんなマーケティング調査に、最近、脳波を調べて行うサービスが開始されたという。

どういう仕組みで調査するのかは当然全く解らないが、例えばターゲット層の注意を引く広告はどれか、感情を動かされる広告はどれか、などを調べることができるそうだ。

でも、脳波を調べてもどこまで信憑性があるのか、と思うひとも少なくないんじゃないかと思う。

ものすごい興味のあるものを見せられたら、脳波計が真っ赤に反応する、とかだったらわかるけど、それって顔に出てたりして。

また、全く関係のないところで反応してたら結果も変わるだろうし。

ちなみに、たまにプロレスや格闘技の番組を見るのですが、もちろん試合も見ているが、観客の反応を見ているのも面白い。(特に女性)

それとも、脳波を調べると、例えば「甘いものが好き!」とか出るのかな?
それはスゴいことになるでしょう。いや、考えていることが見透かされているみたいで、かえって怖いですね。

「家電製品が好き!」と出たから「家電が好きなんですね」と説得されて、なんとなくそれならそうかなあと思わされたり。

それはマーケティングとは関係ないですね。



脳波マッチング広告が出てくるかも。

マーケティング業界に新時代が到来した模様です。ニールセンとそのパートナー企業のニューロフォーカスは、なんと脳波を直接調べることで消費者のマーケティング調査を行うサービスを、ここ日本で開始しました。

例えばターゲット層の注意を引く広告はどれか、感情を動かされる広告はどれか、などを調べることができます。洗脳まであと半歩ですね。

参照サイト : http://www.japantoday.com/category/technology/view/research-firms-scan-brain-waves-to-improve-marketing [Japan Today]

Elaine Chow(MAKI/いちる)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000003-giz-ent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。